クレームシモン・CremeSimon の歴史と口コミ文化|19世紀アール・ヌーヴォーと共に

画像引用元:https://www.pinterest.co.uk/pin/507077239286613608/

画像はビンテージポスターを代表する有名なフランスのポスターです。このポスターは1860年に家事仕事で荒れた手を酷使する女性のために作られたクリームのブランドであるCreme simon(クレームシモン)の広告ポスターで当時のフランス・パリの街角を賑わせていました。

19世紀後半から20世紀初めのヨーロッパでは、テレビ、カラー雑誌、カラー映画はなく、街角のポスターに一流の芸術家たちの才能と資金が投入されました。

デザインや色を鑑賞するとともに、ファッション、新製品、旅行、そして第1次大戦まで。
100年前の近代化の様子と、人々の思いが身近に感じられます。

そんな中1860年にフランス史上に残るビューティーレガシーとしてクレームシモンは生まれました。

この頃は今のようにインターネットやメディアは無く、トップ画像のポスターを代表とするアートで宣伝され、街角のカフェや洗い場などで、人々の会話の中で語り続けられ150年後の今も尚続き、さらに世界各国へ広まっています。まさに口コミの歴史の中と共に生き続けています。

これこそが品質の証であり、効果を証明する本当の口コミだと思います。

\\\ フランスのパリで159年もの長い間慕われ続けた本物を肌で感じたいあなたへ ////


クレームシモンオリジナル クリーム誕生

クレームシモン

画像引用元:https://www.leekairou.com/crmesimonillustrations

1860年ブランド創設者Joseph Simonにより最初に開発され、当時は作られることが珍しかった、自然派コスメとして安定した美容クリームの登場です。

現代においても最初に開発された商品を基本に、より乾燥肌や敏感肌に悩む方へ特化した商品へと改良を重ねた濃厚保湿クリームとして多くの人々に愛用されています。

クレームシモンの理念

1860年以来、常に人々の肌や体の「ケア」について考えてつくられ続けられてきました。この「ケア」という観念には肌だけでなく体の内側にも耳を傾けることも含まれております。近年では、この精神は肌だけにとどまらず、身体全体、さらには心のケアにも配慮するようになりました。

美容と健康のつながりに深く着目し、天然素材を使うなど、細部まで気を配り、心身両方の健康バランスを取れるような製品づくりを目指しております。

引用元:クレームシモン・ジャパン https://creme-simon-japan.com/

 

>フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

19世紀末のパリでは華やかなポスターが街を彩り、 やがてそれ自体が芸術作品として収集の対象となっていきました。 フランスで育まれたCrème Simon(クレームシモン)は著名な画家であるエミリオ・ヴィラと共に多くの人々へ、女性の美しさへの探究をアートと共に広め、150年経った今もなお自然派スキンケアブランドとして多くの人々に愛され続けています。

CTR IMG