クレームシモン・CremeSimon 現代の口コミ

引用元:https://www.pinterest.co.uk/pin/850265604634769872/

画像は1860年創業のCreme Simoin(クレーム・シモン)の広告です。洗面で優雅にお肌を手入れする姿を描いています。素敵ですね!画像はセピアカラーの白黒ですが、私の目にはカラーに映って・・・左の微笑んでいる顔がなんとも言えないです!この絵から19世紀のフランス・パリの優雅さが渇いた心に潤いを与えてくれるようんです。

1860年フランスでクレームシモンが生まれた頃は、現代のテレビやインターネットのような口コミ媒体は無く、アートポスターが主流で、街角のカフェや洗い場などの女性が集まる場所で直接口コミされていました。

クレームシモンの初代クリームも女性たちが集まる洗い場が発端で、1860年にパリの薬剤師ジョセフシモンが洗い場の女性たちの乾いたひどい手に気づいた後、それを助けてあげたいという気持ちで自然療法を探しました。

クレームシモンの最初のクリームは、天然保湿剤グリセリン(当時初めて)と、「アクティブフルールコンプレックス」と呼ばれる7つの厳選された花(ネロリ、ダマスクローズ、ジャスミン、トンカビーン、バニラブルボン、パチュリー、アイリス)で作られました。

クレームシモン・CremeSimon の口コミ

さて時代は現代に戻し、1964年の東京オリンピックを皮切りにカラーテレビが生まれ、街角のポスターの仲間入りしました。そして通信技術の劇的な進歩により短時間で様々な情報をやりとり出来る事ができ今のインターネット中心の世界が生まれました。

インターネット環境を使っての口コミ

インターネットではホームページとして様々な情報が自由に配信され、移動体通信技術の結晶ともいえるべきスマートフォンが生まれSNSとしてFacebook、Twitter、Instagramなどでは瞬時に広がっていきます。

Instagram インスタグラムでの口コミ

>フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

19世紀末のパリでは華やかなポスターが街を彩り、 やがてそれ自体が芸術作品として収集の対象となっていきました。 フランスで育まれたCrème Simon(クレームシモン)は著名な画家であるエミリオ・ヴィラと共に多くの人々へ、女性の美しさへの探究をアートと共に広め、150年経った今もなお自然派スキンケアブランドとして多くの人々に愛され続けています。

CTR IMG