クレーム シモンム・ブライトニング デイ モイスチャライザーの紹介

画像引用元:https://www.pinterest.co.uk/pin/850265604634770259/

こちらの絵はフランス・パリ生まれのCreme Simon(クレームシモン)の広告ポスターです。このポスターに描かれている女性は他のポスターと違い写真が使われていてより繊細に描かれています。クレームシモンは1860年創業の150年もの歴史がある多くの女性に語り継がれた老舗ブランドです。

クレーム シモン・ブライトニング デイ モイスチャライザーの特徴

朝専用の保湿ジェルクリームで肌馴染みも早く皮膚を柔らげうるおいを与えます。ベタつき過ぎず、さっぱりとしたつけ心地で肌を整えてくれるので、朝したメイクも長持ち。



液晶乳化テクノロジー

エマルジョン特性を持つ液晶乳化テクノロジーで、軽いテクスチャーでありながらも、水分と油分をしっかり補いお肌にうるおいを与えてくれます。

トレハロース

天然に存在し高い保水力を持つとされるトレハロースが、乾燥する季節でもお肌の水分を保ち乾燥から守ってくれます。

ヒアルロン酸ナトリウム

天然物質の中でも多くの水分を保持することができる、最もよく知られている保湿成分の一つ。水中では最大1,000 倍の重量を保持できるとされています。ヒアルロン酸の中でも粒子がとても細かいので、お肌の角質層まで浸透しお肌を守ります。また年齢を重ねたお肌にうるおいを与えるエイジングケアにも。

1860年処方 アクティブフラワーコンプレックス
ジョセフ・シモンによって最初に発見された、お肌に有効な11種類の花や植物のピュアエキスが水分・油分を与え、キメを整えてくれます。
11種類の植物 : シダーウッド、ダマスクローズ、バーボンバニラ、アイリス、トンカビーン、ジャスミン、カルダモン、パルマローザ、ラブダナム、ネロリ、パチョリ

新鮮なローズ、アイリス、ジャスミンのエキス
乾燥による角質層の水分量低下や肌のキメの乱れなどによってくすんで見えるお肌に、うるおいを与え明るい印象へ導きます。

有機小麦オリゴ糖複合体
エコサート認定技術を用いて、サスティナブルな環境に優しい手法で全粒小麦から抽出された保湿成分。お肌の水分を補い保護することで、肌荒れを防ぎます。

植物性グリセリン
低刺激性保湿成分の植物性グリセリンを配合。1860年ジョセフ・シモンによってスキンケアの良質な保湿剤として開発されました。現在でも多くのスキンケア商材に使用されている成分の一つです。クレームシモンでは、動物性または石油系原料から作られる安価な合成原料ではなく、天然植物から良質なグリセリンを抽出しています。吸湿性・保湿性にも優れ、お肌の水分と結合してうるおいを与え、乾燥を防いでくれます。

引用元:クレームシモン・ジャパン https://creme-simon-japan.com/

>フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

フランス19世紀アールヌーヴォーの美しさと共に

19世紀末のパリでは華やかなポスターが街を彩り、 やがてそれ自体が芸術作品として収集の対象となっていきました。 フランスで育まれたCrème Simon(クレームシモン)は著名な画家であるエミリオ・ヴィラと共に多くの人々へ、女性の美しさへの探究をアートと共に広め、150年経った今もなお自然派スキンケアブランドとして多くの人々に愛され続けています。

CTR IMG